生活保護者がお金を借りるには?

現在では、生活保護を受けている人もいますが、その人たちは金融機関の利用が出来ないようになっています。
何故なら、生活するためだけしか支給されていないので、返済能力がないと判断されてしまうからなんだそうです。
どうしても困ってしまった時には、相談できる場所へ行き事情を説明することが望ましいと言われています。
その事情によってはお金を借りることも出来るみたいですが、まずは相談をすることから始めてみて下さい。


《お金を借りる時の注意は?》

生活保護を受けていてもお金を借りられますよ、と書いているサイトもありますが絶対に手を出してはいけません。
いい条件ばかり出している場所は、闇金融の可能性が高いので手を出す前に調べてみることから始めてみて。
一度騙されてしまうと、その情報が流されて別の場所からメールが来ることもありますから、申し込みはNG。
パニックに陥って冷静な判断が難しいかもしれませんが、お金を借りる時こそ冷静に考えるべきなんです!


《困った時は相談を》

お金に困ってしまい借りようか悩んだ時、友人や家族に相談することが恥ずかしい人もいます。
ですが、そんな時はスマホから質問投稿サイトを利用してみることをおすすめします。
匿名で質問することが出来るので、お金を借りる前に一度アドバイスをもらったりすることも大事だと思いますよ。

住宅を取得するためにお金を借りる

今後の不動産価格の推移や、将来の住宅ローン負担の重さを考えると、できるだけ自己資本を用意して、お金を借りる額を小額に抑えることが基本になります。では、どのくらいの自己資金を用意したらいいのでしょうか。


<頭金と自己資金は違う>

当然、購入する物件の価格によっても金額は変わります。一般的に、住宅ローンによりお金を借りる額は年収の4倍くらいに抑えると、無理のない返済計画が組めるといわれています。また、多くの住宅ローンにおいて、購入価格の80%程度がお金を借りる条件になっていることを合わせて考えれば、頭金は最低でも20%程度は必要になります。ここで注意したいのは、頭金と自己資金は同じでないということです。不動産を購入する場合、物件の価格以外に、不動産登記関係の税金やローン保証料など、諸経費が別途かかります。これらの諸経費を5%とすれば、頭金を含めて最低25%前後、できれば30%前後が自己資金の目安ということになります。

もし、物件価格が3000万円だとするならば、住宅ローンでお金を借りる金額は80%の2400万円。頭金は20%の600万円になります。ここに諸経費が5%の150万円かかるので、自己資金としては750万円用意する必要があるということになります。

クレジットカードでお金を借りる

いまや日本は、国民1人が2枚以上のクレジットカードを所有し、キャッシュレス社会といってもいいほど、カードが普及しています。カードは便利である反面、分割払いの手数料や、カードの紛失、盗難やスキミングによる不正使用、個人情報の流失などが社会問題化しています。


<クレジットカードの仕組み>

クレジットカードは、消費者の信用に基づいて発行されるカードで、代金後払いで商品を購入したり、サービスの提供を受けることができます。カードはクレジットカード会社から貸与されたものであり、発行された名義人のみ使用できます。利用限度額は各カードによって異なりますが、1回あたりの利用限度額や月間利用限度額などを決めているのが一般的です。カードの有効期限も、数年単位で設定されており、利用等に問題がなければ自動更新されます。


<カード利用上の注意点と紛失・盗難時の手続き>

クレジットカードが普及するにつれて、お金を借りる回数の過多などによる多重債務が社会問題化しています。予防策として、毎月のお金を借りる利用限度額の適正水準を決めておく。または、お金を借りることなく一括払いを原則とする。などを心がける必要があります。万一、返済が困難になった場合は、弁護士会や居住する地域の消費生活センターなどに相談することが大切です。また契約時にカード盗難保険に加入することや、紛失・盗難にあった場合は即座にカード会社に連絡して、無効カードの手続きをするとともに、警察にも「紛失・盗難届け」を出すことも重要です。この届けをしていれば、カードが悪用されたときに被害者であることを立証できます。

お金を借りるなら銀行?消費者金融?

今は消費者金融でも銀行でも、即日審査や融資をしてくれるようになっているから便利ですよね。
ただ、お金を借りるならどちらを選ぶのかで少し変わってくるから、決める時は慎重に決めた方がいいと思いますよ。
総量規制がありますし、年収の範囲内にしておくのかそれとも少し余裕をもって年収に関係なく借りられるような場所を選ぶのか。
銀行の方が上限金額枠も高いので、いざ何かあった時には安心できると思いますからおすすめですね。


《お金を借りる時は注意しよう》

気を付けてほしいのは、即日融資をしてもらってすぐお金を手にすることが出来るからといって油断しないようにすること。
お金を借りることで気が緩んでしまうのは分かりますが、完済するまでは責任感を持つようにした方がいいでしょう。
また、自分がちゃんと返済できる範囲内で借りる事がベストだから、むやみに借りないようにして下さい。
返済が出来ないとわかっていながらお金を借りるのは、詐欺になってしまいますから注意するようにして。


《審査に出てくる信用情報って?》

よく審査に出てくる信用情報とは、お金に関することが掲載されています。
どのくらいお金を借りているのか、その返済はどうなっているのかなど全て掲載されているから、気を付けて。
借入をしてちゃんと返済をしてまたお金を借りる・・・これが正しい利用の仕方なので、心がけるように。

借入額が3分の1以上だとお金を借りることはできない?

皆さんの中には、希望借入金額を借りることが出来なかった人いませんか?
それは、他社の借入と合わせて年収の3分の1を達してしまっているからかもしれませんよ。
総量規制の影響で、そのようになってしまっているから消費者金融を利用できない人もいるはず。
その人たちはどうすれば良いのか・・・そう、銀行に行けばいいんです!


銀行でお金を借りるには

銀行でお金を借りるには、消費者金融と同じで審査を受けなければいけません。
銀行だから審査もきびしいんでしょ?と思っている人もいるでしょうが、特に厳しいといった感じではありません。
きちんと平等に行ってくれるから、特に大きな心配もありませんので、ご安心を。
ただ、借入金額の希望額によっては収入証明書が必要になるので、忘れないように。
収入証明書とは、源泉徴収票などの事なのでその写しを提出することになります。


使いすぎない事

すごく便利ですぐにお金を借りるが出来るようになってきていますが、その反面気を付けてもらいたいことも。
それは、便利だからといってむやみに使いすぎてしまう事です。
きちんと返済が出来るのなら構いませんが、収入が少ないのに多額を借りたりなどそういったことはやめましょう!
常に節度を守りながら、正しく利用するようにしましょうね。

【参考サイト】
借りやすい消費者金融とは?(http://www.carlosmartiel.com/)

良く考えてからお金を借りるようにしよう

生半可な気持ちでお金を借りる事だけは、やめた方がいいでしょう。
いくら現金に困っているからと言って、いきなり多額を借入するのは危険だし返済できそうにないので気を付けるように。
本当にその金額が必要なのか、もう一度よく考え直してから申請するようにしてもらえればと思います。
冷静になって考え直してみたらこんなに必要無かった、なんていう事もあるかもしれません。


シミュレーションをしてからお金を借りる

何も考えず、困っているからお金を借りると言うのは良くない事です。
最初に、もしこのくらい借りたら返済はこのようにしていく、などシミュレーションしてみることをお勧めします。
少し考えるようにするだけで、だいぶ違ってくるはずなので、まずは軽くでもいいからシミュレーションをしてみて。
もし、それで返済プランを立てることが出来たら、お金を借りるを決めても大丈夫。


後先のことを考えて

お金を借りる時は、借りる事だけを考えるのではなくて、返済のことも考えるようにして下さい。
今さえよければいいという考え方ではなくて、今この金額を借りたらこの先はこうなる、と考えられるようにしましょう。
大事なのは、自分にとって無理の無い返済計画を立てることなので、きちんと返済について考えてみて。

お金を借りる前に比較してみよう

お金を借りるとなった時は、初めに比較をしてみることから始めた方がいいですね。
現在では、消費者金融や銀行の人気ランキングが増えてきていますから、一度覗いてみてはどうでしょうか?
ランキングはそのサイトによって違うので、多くチェックしてみて下さいね。
何を比較すればいいのかについては、その個人によって異なりますが一番はやっぱり金利じゃないでしょうか。


お金を借りるなら即日融資?それとも審査?

お金を借りる事を決めたら、何で利用先を決めますか?
すぐにお金を手に入れたい人であれば即日融資を、しっかり信用したい、されたいという人は審査で決めるのもOK。
また、最近では審査のスピードも早くなってきているので、比較的どこでも手短に済ませてくれるようになっていますよ。
ただ、土壇場で駆け込むのは良くないので、余裕をもって審査を受けるようにした方が良いでしょう。


審査では何を確認しますか?

お金を借りる前に受ける審査では、個人情報や信用情報について確認されます。
信用情報というのは、お金に関することが掲載されているので、他社から借入していることも分かります。
この時、借入を複数し過ぎている人は審査に落ちてしまうかもしれないので、注意するようにして。

返済できないのにお金を借りるのは良くない

返済が出来そうにないのにお金を借りることは、良くないのでそれは避けるようにして下さいね。
自分がきちんと返済できる金額の範囲内で借りないと、返済に追われて自分の生活にも支障が出てきてしまいます。
苦しみながら返済するよりも、毎月余裕をもって返済をしていく方がいいに決まっていますよね。
もし、お金に困ってしまっても返済できそうになかったら借りるのは避けた方がいいかもしれません。


お金を借りるなら少ない金額を

お金を借りる時は、いきなり多額を借りるのではなくて少額にした方がいいと思いますよ。
いきなり多額を借りても返済が大変になってしまいますから、まずは少額を借入するようにして下さいね。
少額の方が返済もしやすくていいですし、経済的にも優しくて助かる人が多いと思います。
本当に必要な金額以外は、借入しないようにすることが大事なのではないでしょうか。


自分のお財布と相談をして

本当に現在お金が必要なのか、よく考えてから決めるのが一番いいですね。
自分がちゃんと無理なく返済できる金額なら、一時しのぎの為お金を借りることも問題はないと思います。
でも、返済が出来そうにない時にお金を借りるのは避けるべき。
もし、自分が逆側で貸したお金を返してもらえなかったら困ってしまいますよね。

お金を借りるなら総量規制の対象外を選ぶ?

何かの事情でお金が必要になってしまう時って、皆さんにもありますよね?
ですが、近年になってから総量規制が設けられて消費者金融を利用できなくなってしまった人も出てきているのでは。
年収の3分の1以上の借入が出来ないので、人によってはそんなにお金を借りることが出来ないようになってしまっています。
自分の年収が少ない人はその分、借入できる金額も少なくなってしまいますから希望借入金額が受け取れないことも・・・。


お金を借りるなら銀行へ

消費者金融以外にお金を借りる事が出来るのは、銀行ですよね。
銀行は規制の対象外だから、年収の3分の1というのが関係なくなっているので利用しやすくなっています。
ですから、自分の年収が少なくて消費者金融を利用することが出来ない人は、銀行に頼ってみてはどうでしょう。
上限金額も高いので、まとまった金額が必要になってしまった時でも、安心してお金を借りる事が出来ますよ。


過度に利用しないようにして

銀行が対象外だからと言って、過度に利用するのだけはやめた方がいいです。
好き勝手に使ってしまったら、今度はその返済をすることが出来ずに自己破産してしまう・・・なんていうことも。
そうなってしまわないように、常に自分を律する気持ちを忘れずに利用していきましょう!