お金を借りるとこの先どうなる

不安ですよね。お金を借りるのは良いですが何も考えずにフワフワ着の身着のまま、とりあえずお腹空いたから借りたお金でアンパンでも買おうかしら、なんていう生活を続けていたら人生滅亡です。
お金を借りること自体が悪いことのではありません。それをどのように借りた人間が使うかでこの先どうなるかが変わって来るのです。

今回はとにかくお金借りる際の意識が間違っているとどうなるかについて考察したいと思います。


《お財布をただ分厚くしたいからお金を借りる》

お金を借りるにしても自分が働いていなければお金を借りることは出来ません。正社員でもパート・アルバイトでもとにかく仕事をして定期的な収入があればお金を借りることは可能です。
しかし良くないことに今は収入が不安定でもお金を借りられるという不思議な会社がどんどん増えています。どうやって返済してもらうのかわかりませんが、そのような会社が増えることによってその会社に甘えてしまい、自分の生活費用を全て借りたお金で賄おうとする人が出て来るのです。
とりあえず人に良い恰好がしたいからとただ財布を分厚く見せるためにお金を借りて札束を作る人間までいるというのですから驚きです。一体何故そんなに「自分のものではないお金」に執着するのでしょうか。


《分厚くなるのは借金返済総額だけです》

お金を持つということがある意味世の中のステータス的なものになっているからこそ、歪んだ考え方をする人間が増えてきているのかもしれません。お金を使えば物は何でも買うことが出来るので、自分が何でも出来ていると錯覚しやすくなるのです。
自分で稼いだお金であれば良いのですが、親のクレジットカードで買い物をする子どもやお金を借りることを覚えてしまった無職の大人などもうわけがわかりません。
借りたお金はその時点では自分のお金ではなく、「貸した側のお金」ということなのですが、お金を借りる人でかつ目的がうやむやであったり身勝手な使い方をしたりする方にはわかって頂けていないのですね。
変な使い方をしても最後にきちんと完済すれば良いのだろうと言う方もいらっしゃいます。その通りです。完済して頂ければ何の問題もありません。計画的にしっかりお金を稼いで自分で返済をするのであれば問題はかけらもないのです。
しかし世の中には自己破産という言葉もあるようにその借金から逃げようと考える人も数多く存在するのです。

お金を借りることは悪いことではありません、無計画に借りて返済から逃げようとすることが悪いことなのです。そんな事態に自分が陥らないよう、自己責任の上お金を借りるように心掛けましょう。