住宅を取得するためにお金を借りる

今後の不動産価格の推移や、将来の住宅ローン負担の重さを考えると、できるだけ自己資本を用意して、お金を借りる額を小額に抑えることが基本になります。では、どのくらいの自己資金を用意したらいいのでしょうか。


<頭金と自己資金は違う>

当然、購入する物件の価格によっても金額は変わります。一般的に、住宅ローンによりお金を借りる額は年収の4倍くらいに抑えると、無理のない返済計画が組めるといわれています。また、多くの住宅ローンにおいて、購入価格の80%程度がお金を借りる条件になっていることを合わせて考えれば、頭金は最低でも20%程度は必要になります。ここで注意したいのは、頭金と自己資金は同じでないということです。不動産を購入する場合、物件の価格以外に、不動産登記関係の税金やローン保証料など、諸経費が別途かかります。これらの諸経費を5%とすれば、頭金を含めて最低25%前後、できれば30%前後が自己資金の目安ということになります。

もし、物件価格が3000万円だとするならば、住宅ローンでお金を借りる金額は80%の2400万円。頭金は20%の600万円になります。ここに諸経費が5%の150万円かかるので、自己資金としては750万円用意する必要があるということになります。